スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
楓の気持ち。
2006-08-07 Mon 01:44
土曜日、生後二ヶ月になる友達の赤ちゃんを見に行ってきました

私+友達3人+その子供たち5人・・・ちょっとしたツアーですw

お昼に待ち合わせして一緒にランチ

手土産のケーキを買い、電車に乗ってワイワイ出発

暑い上に駅からの坂道には全員汗タラタラ・・・

ほんと、タラタラって表現がピッタリ(;´Д`)w

二ヶ月の赤ちゃんって、まだ首が座ってなくて、抱っこするのも恐々

友達全員から「早く産め!」とヤイノヤイノ言われ・・・

「誰の子でもいいんだったら産むよ?」と言うと

「それはダメー!絶対にダメー!」

・・・・・・・・・・・・

無茶言うなよって感じです(;´Д`)

まぁね、結婚&出産&犯罪以外はほとんどやっちゃったのでOK

なるようになる・・・一生シングルで何が悪いヽ(`Д´)ノ

と愚痴ってみるw





今日は、もうちょっと愚痴ってみます

もちろん私の主観ですので、気分を害される方もいらっしゃるかも

どうか読まないで、下の連想ゲームに参加してやって下さいね
 
 
 
 
 
 
今回赤ちゃんを出産した友達は、

昨年の春に某電鉄の列車事故に遭いました

あの事故現場は私の地元

友達が乗ってなくても、相当なショックでした

不運にも出勤のため、あの列車に乗っていました

どの映像にも映らなかった幻の先頭列車

あの時間、テレビのない仕事場にいた私は何も知りませんでした

でも、やたらと救急車・消防車が行きかっていたことには

少し疑問と不安はありました

ちょっとした火事ではない量の台数が走っていたのです

どれぐらいの時間が過ぎてからだったか定かじゃありませんが

当時いた大江戸団員さんから一通のメール

「○○で列車事故があったけど、まさか乗ってないよね?」

「え?そうなの?知らなかった。調べてみるね」

すぐにネットで調べて唖然・・・・

文字と少しの画像で知る大惨事

頭が真っ白になりました

あの尋常じゃない台数の救急車たちに合点

仕事どころじゃありません、あちこちで現状を調べました

そして、ふと思い出しました

あの列車に乗る可能性がある友達二人の顔がちらつきました

「○○で列車事故があったけど、乗ってないよね?」

「乗ってないよ?」との返事を期待してのメール

数十分後、一人から乗ってないとの返信

もう一人は数時間経っても返ってきません

仕事中ならなかなか返事が返ってこない子だったので

不安はありつつ、そのうち返ってくるだろうと待っていました

夕方6時・・・返事がありません

仕事中も変な胸騒ぎがありました

仕事も途中で、すぐに部屋に帰り、自宅に電話

すると彼女がでたのです

ホッと胸を撫で下ろしましたが、

第一声の「もしもし」がいつものトーンと違ってました

「あ、いたんだ?。携帯にメールしたんだよ?」

「そうなんだ・・・ごめんね。何だった?」

「○○で事故があったから、乗ってないかと確認しようと思って」

「・・・・・・・・・・・・・
 それにね・・・乗ってたの・・・」

心臓が止まりそうでした

「え、怪我は?大丈夫なの???」

「うん、所々傷はあるけど、なんとか大丈夫」

「後ろの方に乗ってたの???よく無事だったね・・・」

「それがね、一番前に乗ってたんだけど・・・場所が良かったのか助かった」

もうこの時点で、彼女があの大惨事に巻き込まれたこと、

無事だったこと・・・色んな思いで涙が止まりませんでした

彼女が淡々と話すことにも、更に涙

とにかく無事だったことを聞いたので、友達にも連絡してよいかを確認し、

すぐにメールで同時送信・・・

みんなも心配してメールしてたらしく、少し安心したとのこと

持ち物の数点は見当たらず、携帯も結局出てきませんでした


そんな出来事を当時のダーにもメール

「親友が事故に遭った列車に乗ってたけど無事だったよ?良かったよ?」

しばらくして彼から返事

「おまえの友達は無事だったかもしれない。
 でも、おまえのすぐ隣に犠牲者の家族がいたらどうする?
 良かったというのは間違ってるぞ」

とにかく友達が無事だったことを喜んで何が悪い!と思ったのも束の間

彼の言ってる意味を考えて納得・・・

彼女は助かって「運が良かった」とするならば、

不幸にも犠牲になった人たちは「運が悪かった」では済まされない

またもや一人で大泣き



当時、彼女は結婚して数年

旦那さんに「金もないし、子供はいらん」と言われ続けていました

でも、あの事故の後、「もし出来たら産んでもいい」と言ってもらえ、

彼女は少しずつ元気を取り戻しました

そして、事故から半年以上が過ぎ、久々に逢いました

父が亡くなった後だったことから、少し遠慮気味でしたが

赤ちゃんが出来たとの報告

我も忘れて泣いてしまいました

レストランの客がジロジロ・・・

そんなことも気にならないぐらい泣いて喜びました

そして、彼女がポツリと

「あの時、お腹に赤ちゃんがいなくて良かった・・・」

その気持ちにも更に大泣き



そんな彼女が待望の赤ちゃんを出産したのです

奇跡的に救われた命と、更に小さな命

病気と精一杯闘って、力尽きた父

昨年から、命の尊さ、はかなさ、いろんなことを考えさせられてます

朝食時にはワイドショーを見ていましたが、

聞くに堪えない事故や犯罪にうんざりし、テレビを見なくなりました



あれから私も電車に乗るのが怖くなりました

昨年の春にあった事故以来乗ったのが、昨年の夏、巨のオフ会でした

ドアの側の手すりをしびれるほど握り締め、目を瞑り、外の景色は見れない

昨日までに電車に乗ったのは数えるほど

もちろん彼女も未だあの電鉄列車には乗れません




最近、巨内で見かけるキャラ・・・

あの事故を彷彿とさせる名前の方がいらっしゃるのです

その人を見る度に、事故の映像がフラッシュバックします

私ですら、こんな思いです

犠牲者・その家族、被害者・関係者が見たら・・・

なんと思うでしょうか

怒りを通り越して、ただただ悲しくなります

密をとばして「どうしてそういう名前にしたのか」

と問い詰めたくなる衝動に駆られます




いろんな考えを持ったこの世の中

私もきっと気付かないでたくさんの人に嫌な思いをさせてると思います

そんな時は、どうぞ注意してください

いくら自由な発言が出来る国とはいえ、やはり考えさせられます

立派な人間になりたいとは思いません

でも、人から後ろ指をさされることはしてはいけない

最低限の常識を持った人間にならなくては

今更ながら、自分を戒める楓でした
 
 
スポンサーサイト
別窓 | つぶやき日記 | コメント:2 | top↑
<<ワッチョイ(´∀`*)(*´∀`)ワッチョイ | KAEDE's あまのじゃくな独り言 | ヤバイヨヤバイヨ>>
この記事のコメント
下にまだ続いていたとは。。。アセアセ
  上のピンクの文字だけ見て思わず冗談書いて送信してもうたがな
                 速攻消し消し

しかしあの事故車両にいたとは しかも先頭車両で助かったとは。。。
一言ではコメントしづらいものがありますよね
その中に知ってる人がいるとなると動揺は尋常じゃなかったでしょう

無事でよかった この一言に尽きると思うよ
彼氏だった人にけちつけるのもなんだけど
(じゃぁ隣に乗ってた人はどうなるんだ?と彼氏は言ったそうですが)
そう言うのを奇麗事というんでしょうな きつい言い方でごめんね

俺でも楓さんと同じく知り合いの無事確認できたら、絶対その場で良かったと言うし、そう思うに違いない。それが普通だと思うよ
もちろん全体の大惨事は織り込み済みでね

  でも大変やったけど出産おめでたいですな。そのひと^^
2006-08-07 Mon 07:57 | URL | まも #YzN30TSk[ 内容変更] | top↑
うふふ
棒高跳びは体育の授業でやったよ~w
でも、チョー苦手だけど・・・(;´Д`)

まもさん、ありがと
でも、ダーの言うことも分かるのです
もちろん友達が助かったことには喜んでくれましたよ
ただ、手放しで喜べることじゃないって意味でb

彼女もそうなんです
隣にいた人はどうなったのか?あそこに座ってた人は…?
そう思うと、自分が助かったことを素直に喜べてません
「運」の一言で終わらせられる問題じゃないですよね

明日は我が身!です
日々を大切に生きようと思ってます
いつ何があるか分からないので、恥ずかしくない下着を(ry
(*´∀`)えへへ
2006-08-07 Mon 11:47 | URL | 楓 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| KAEDE's あまのじゃくな独り言 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。