スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
あのとき。
2008-08-04 Mon 22:18
 
 
あのとき。

ドキドキしていたの。

アナタがそっと手を繋いでくれたとき。



あのとき。

ドキドキしていたの。

アナタがふと後ろから抱きしめてくれたとき。



あのとき。

ドキドキしていたの。

アナタがエレベーターという名の密室でいきなりKISSしてくれたとき。



あのとき。

ドキドキしていたの。

アナタが別れ際に、またねと頭を撫でてくれたとき。



いっぱいの「あのとき」

いっぱいドキドキしていたの。



そんないっぱいのドキドキをくれたアナタ。

「あのとき」のアナタは誰だったの?

「あのとき」のアナタは「あのとき」でしかなかったの?

「あのとき」のアナタはドコへいったの?



「あのとき」は、もう返って来ない。

そんなことはわかってる。

でもね。

せめて、「あのとき」のアナタは本物だと思いたい。



わたしじゃなくてもよかったのよね。

「あのとき」を過ごせる人なら誰でもよかったのよね。

うそつき。



そんな風に思いたくない。

「あのとき」の思い出を消せない。

「あのとき」の思い出を消したくない。



アナタは消したい「あのとき」なのかもしれない。

でもね、絶対に消えないからね。

わたしの心を占領してるのだもの。

「あのとき」も。

「いま」も。

「これから」も。



うそつき。

アナタをそう思えれば楽なのにね。


                            アーメン
スポンサーサイト
別窓 | ふぃくしょん | コメント:0 | top↑
<<安心感。 | KAEDE's あまのじゃくな独り言 | どきどき。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| KAEDE's あまのじゃくな独り言 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。