スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
鉄の扉。
2008-02-17 Sun 01:07
目の前に立ちはだかる重い鉄の扉



開けようと思ったら鍵をなくしてしまった



数ある鍵を次々と差し込むがどれも合わない



扉が開くこともなく月日は流れていく



時折、気晴らしに散歩に出るが



気が付けばいつも扉の前にいる



冷たい鉄の扉に寄りかかって眠る



時と共に開かない扉に安心感を覚える



鍵がないと誰も入れない安心感



寄りかかっても受け止めてくれる安心感



その心地良さに慣れてから二年



わたしが失くした鍵を持った少女が現れた



無邪気に鍵を鍵穴へと差し込む



長く閉ざされていた扉が重々しく開く



少女は吸い込まれるように扉の向こうへと消えた



そしてまた扉は閉ざされてしまった



揺るぎない安心感が崩れてしまった



わたしはどうすればいいのだろう



また寄りかかっていいのだろうか



溢れる不安で扉の前に佇む



違う扉を探そうか



いつ出るやもしれぬ少女が出てくるのを待とうか



わたしは何を求めているのだろう



安心して寄りかかれる場所を求めているのだろうか



扉の向こうへ行きたいのだろうか



それとも、寄りかかれる安心感を求めているのだろうか



自分の心が解けない



たくさん習った方程式があてはまらない



自分探しの旅へ出る


 
スポンサーサイト
別窓 | 恋とか愛とか。 | コメント:0 | top↑
<<家出ぢゃないよ? | KAEDE's あまのじゃくな独り言 | 今日は何の日♪ふっふ?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| KAEDE's あまのじゃくな独り言 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。